« CS8416+PCM1794(8) | トップページ | 高利得な完全対称型ラインアンプが欲しい。 »

2008年3月30日 (日)

CS8416+PCM1794(9)

Dac3

抵抗I/V&DSCをスケルトン抵抗で作り直した。定数はI/V抵抗=10Ω、入力抵抗=470Ω、帰還抵抗=8.2KΩである。

I/V抵抗とパラになるコンデンサは最近お気に入りのニッセイMTFFをDAC(の変換基板)に直付け、帰還抵抗とパラになるコンデンサは(MTFFに小容量のものがないので)ソケットで差し替え可能として、とりあえず安価なニッセイAPSで済ませている。

Fft3_2

完成してから1KHz0dBのFFTを見ると、なんとハムレベルが10dB以上大きくなっている。スケルトン抵抗は大きいからノイズを拾いやすいのか?と思ったが、電源の極性の問題だったようだ。DACにもケーブルにも何にもさわらずコンセントの極性を逆にするだけで予備実験時と同等のハムレベルになった。(左図の上と下は電源極性の違いのみ)

24ビットDAC搭載のサウンドカード(prodigy192VE)は自作機器の測定時に役に立つなぁ。

|

« CS8416+PCM1794(8) | トップページ | 高利得な完全対称型ラインアンプが欲しい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158328/40684080

この記事へのトラックバック一覧です: CS8416+PCM1794(9):

« CS8416+PCM1794(8) | トップページ | 高利得な完全対称型ラインアンプが欲しい。 »