« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月18日 (日)

CS8416+SAA7220P/C+TDA1543

Cs8416tda1543_2

昨日作ったDACのDAIをCS8414からCS8416に換装した。理由はディエンファシス機能をOPアンプの帰還回路で作るのが面倒だったから。もちろん単純にICを差し替えれば動作するわけではなく、CS8416用に3.3Vのレギュレータを加え、配線も変更している。

ついでに金田式(風)超高速プッシュプルレギュレータも載せて、TDA1543とOPA2350に5Vを供給する。レギュレータは急に思いついて手持ちの部品で作ったので、ツェナーDをLED2個(約4V)で代用している。制御Trも金田式指定Trなんか持ってないのでドライバ用Trで音質に定評のある2SA1006で代用している。

これで元々の5VレギュレータはSAA7220専用になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

CS8414+SAA7220P/C+TDA1543

Cs8414tda1543_2 これまでこれをプリアンプに入れていたが、基板が少々大きくてプリアンプの保守(改造・修理など)の際に苦労する。今やコイツは主役じゃないので、簡素化してもう少し小さい基板(ICB293)で作り直すことにした。

構成はCS8414-SAA7220P/C-TDA1543、抵抗I/VはやめてOPアンプI/Vとする。単電源5Vで動作させるので低電圧レール・トゥ・レールOPアンプのOPA2350を購入した。レール・トゥ・レールとは言え、フルスイングさせたら歪が増えると思うので帰還抵抗1.2KΩで約1Vrms出力とする。

それなりに評判の良いOPアンプだが、TIM歪み対策に徳久式電流LPFも採用した。

ACアダプタで動作確認・試聴をした。性能は1KHz0dBのTHDが0.011%(-79dB)とほぼTDA1543のスペック通り。音はTDA1541AやPCM1794より繊細さで劣るが、出るべき音は出ていて癖のない優等生的サウンド。ダウンサイズした割りには十分な音質だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »